天才集団Googleの問題

Googleの傘下であるNestが、スマートホームのハブデバイスRevolvのサービスを停止します。
http://www.theverge.com/2016/4/4/11362928/google-nest-revolv-shutdown-smart-home-products

国内外でもRevolvを知る人はあまりいないかもしれませんが、一応Google関連のプロダクトとして、一定のユーザーはいたようです。スマートホームのハブとは、エアコンやサーモスタット、インターフォンなど、家の中のITデバイスをコントロール核になる機械です。これに頼っていたユーザーはそれが無くなってしまうわけで、それなりの投資をした方はダメージが大きいのではないでしょうか。

このように、Googleはよく製品をかなり残酷な形で終了させることがよくあります。主な物で・・・
・Google Notebook
・Google Wave
・iGoogle
・Google Reader
・Google Labs
・Google Code
・Picasa
・Chrome app launcher
全て個人的に使っていたものです。

なぜGoogleはこうも簡単に自社製品を終わらせるのでしょうか。一説には、Googleは、よく言われるように、天才の集団で、こういった有能な人物は、新しくて面白いものに興味を持つが、ある程度遊んだあとに、飽きてしまって次のことに移行してしまうようなのです。だから、Googleは常に革新的なプロダクトを生み出し続けることができます。ですが、終わらせるのも早い。

一企業としての信頼性が問われると思いますが、Googleは今後大人になっていくのでしょうか。そうなると、IBMやMSの二の舞だから、そうはならないのでしょうね・・・。
カテゴリー: ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。