Googleのnestとクアルコム、インテルがIOTの規格統一

Google傘下のIOT開発企業nest、とクアルコム、インテルがIOTの規格統一で合意たという発表がありました。
http://forbesjapan.com/articles/detail/13046
nestのスレッドというネットワーク規格に合わせるようです。

IOTで散々言われ続けたのが、Apple、Google、Samsungを始め、数多のデベロッパーが独自の規格で開発を進め、ホームオートメーションなどの分野の拡大を妨げていました。
例えば、スマホとウェブカメラと温度計が全て違う規格で動いていれば、ホームオートメーションなんてできません。

エアコンはエアコン屋、スマホはスマホ屋、カメラ屋はカメラ屋がそれぞれの強みを活かした製品を統一規格で作った方が総合的には良い製品ができますし、消費者のチョイスも広がり、価格も下がります。

その点で、こういった合意はIOTの浸透には大きな進歩に繋がるのではないでしょうか。
カテゴリー: ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。